ヨブ記 #7

第7章

1 地上の人には、激しい労務があるではないか。またその日は雇人の日のようではないか。
奴隷が夕暮を慕うように、雇人がその賃銀を望むように、
わたしは、むなしい月を持たせられ、悩みの夜を与えられる。
わたしは寝るときに言う、『いつ起きるだろうか』と。しかし夜は長く、暁までころびまわる。
わたしの肉はうじと土くれとをまとい、わたしの皮は固まっては、またくずれる。
わたしの日は機のひよりも速く、望みをもたずに消え去る。
記憶せよ、わたしの命は息にすぎないことを。わたしの目は再び幸を見ることがない。
わたしを見る者の目は、かさねてわたしを見ることがなく、あなたがわたしに目を向けられても、わたしはいない。
雲が消えて、なくなるように、陰府に下る者は上がって来ることがない。
10 彼は再びその家に帰らず、彼の所も、もはや彼を認めない。
11 それゆえ、わたしはわが口をおさえず、わたしの霊のもだえによって語り、わたしの魂の苦しさによって嘆く。
12 わたしは海であるのか、龍であるのか、あなたはわたしの上に見張りを置かれる。
13 『わたしの床はわたしを慰め、わたしの寝床はわが嘆きを軽くする』とわたしが言うとき、
14 あなたは夢をもってわたしを驚かし、幻をもってわたしを恐れさせられる。
15 それゆえ、わたしは息の止まることを願い、わが骨よりもむしろ死を選ぶ。
16 わたしは命をいとう。わたしは長く生きることを望まない。わたしに構わないでください。わたしの日は息にすぎないのだから。
17 人は何者なので、あなたはこれを大きなものとし、これにみ心をとめ、
18 朝ごとに、これを尋ね、絶え間なく、これを試みられるのか。
19 いつまで、あなたはわたしに目を離さず、つばをのむまも、わたしを捨てておかれないのか。
20 人を監視される者よ、わたしが罪を犯したとて、あなたに何をなしえようか。なにゆえ、わたしをあなたの的とし、わたしをあなたの重荷とされるのか。
21 なにゆえ、わたしのとがをゆるさず、わたしの不義を除かれないのか。わたしはいま土の中に横たわる。あなたがわたしを尋ねられても、わたしはいないでしょう」。

FGTC NEWSをフォローする
純福音東京教会 家族新聞